広告

リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業とは

2024年4月23日

リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業とは

リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業とは

『リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業』とは、「新しいスキルを身につけてキャリアアップを目指すことができる」経済産業省による制度です。最大のメリットは対象講座の受講料の最大70%(上限56万円)が給付できること。さらに、スキルの習得の他にキャリア相談、転職支援までを一体で受けることができます。参加する事業者はIT、設計、製造、医療福祉などの分野で100社以上。Webデザインが学べるスクールも多数参加しているのでリスキリング対象講座を選んで受講すれば通常よりもかなりお得にスキルを習得することができます。事業者一覧は経済産業省のサイトで確認することができます。

最大70%(上限56万円)の支給条件

給付金は一度に70%支給されるのではなく条件を満たすことで50%、20%と2段階で支給されます。リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業の給付条件や対象者は下記になります。

1.給付対象者

給付の対象者は「企業・会社と契約して働いている方」です。具体的には下記の通り。

給付対象者

  • 正社員
  • パート、アルバイト
  • 契約社員
  • 派遣社員

パートやアルバイトも対象なので多くの方が対象になります。雇用契約がない方、経営者や個人事業主、フリーランスなどは対象外になるので注意してください。

2.受講修了で50%給付

『リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業』に参加しているスクールの対象講座を受講。受講終了すると講座の受講費用(税別)の1/2相当額(上限40万円)を給付できます。受講終了の条件は各スクールで設定されていますので受講前に確認しましょう。

デイトラは受講開始時に給付金を受けることができます。

3.転職し1年間継続で20%給付

転職に成功し1年間継続で就業していることが確認できたら講座の受講費用(税別)の20%(1/5相当額、上限16万円)が支給されます。1年未満で退職したり転職に成功しなかった場合は20%は支給されませんので注意。ここでいう「転職」とは下記の条件になります。

①補助事業で実施された職業紹介による転職、又は②転職支援を実施する職業紹介事業者が自社で雇用する転職により、新たな雇用契約を締結したことを指します。

70%受給までの流れ

70%を受給するまでは下記のような流れになります。スクールによって若干前後する項目もあるかもしれません。

50%支給の流れ

書類の提出やキャリアカウンセリングはオンライン対応の場合が多いので直接行く必要もなくハードルは低いです。申込の前に無料の相談会などがあれば参加しておきましょう。

  1. 講座へ申し込み
  2. 書類の提出、アンケート回答
  3. キャリアカウンセリング
  4. 講座・コースを修了する
  5. 補助金受け取りに必要な書類を提出

20%支給の流れ

1と4がポイントになります。スクールの就職支援サービスではなく他の転職エージェントで就職したり、1年以内に別の企業へ転職したり、退職してしまうと受給資格がなくなるので注意しましょう。

  1. スクールの就職支援サービスで就職活動
  2. 就職
  3. キャリアカウンセラーからフォローアップ実施
  4. 就職してから1年継続して同企業に所属

リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業を受けるときの注意点

リスキリング給付金制度を受ける前に知っておきたい注意点は下記の3つです。

70%支給は受講料(税抜)に対して

給付金の70%は受講料(税抜)に対してです。税込金額ではないので注意しましょう。

リスキリング対象講座は限られている

スクールで提供している全ての講座でリスキリングを受けられるわけではなく、対象講のみになります。自分の受けたい内容のコースがあればいいですが、ない場合は受けることができません。別のスクールを探したり一部を妥協する必要もでてきます。

求人紹介の地域が限られている場合がある

転職支援サービスで受けられる求人紹介は、東京など地域が限定されている場合があります。このサービス経由で就職し、1年継続した場合に残りの20%が支給されるため、自分の住んでいる地域で求人がない場合は20%の受給ができないので注意です。事前に求人があるか確認するか、50%の支給にしておくか考えておきましょう。

リスキリング対象のWebデザインスクールのコースと料金

リスキリングに対応しているWebデザインスクールのコースと料金は下記の通り。既存のコースがリスキリング対象になっていたり、リスキリング専用のコースが作られているケースもありますスクール名をクリックすると詳細ページへと移動します。※価格は税込表示です。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

  • Webデザイナー専攻:517,000円 → 188,000円
  • Webデザイナー専攻 グラフィック経験者プラン:473,000円 → 172,000円
  • Webデザイナー専攻 Web担当者プラン:473,000円 → 172,000円

テックアカデミー(TechAcademy)

  • はじめての副業コース 8週間:372,900円 → 135,600円
  • はじめての副業コース 12週間:449,900円 → 163,600円
  • はじめての副業コース 16週間:526,900円 → 191,600円
  • Webデザインコース 8週間:372,900円 → 135,600円
  • Webデザインコース 12週間:449,900円 → 163,600円
  • Webデザインコース 16週間:526,900円 → 191,600円

デイトラ

  • Webデザインコース:337,333円 → 184,000円
  • Web制作コース:364,833円 → 199,000円

デジタルハリウッド主婦ママクラス

  • 主婦・ママ キャリアデザインプラン:368,500円 → 134,000円
  • 主婦・ママ キャリアデザインプラン就・転職パック:467,500円 → 170,000円

コードキャンプ(CodeCamp)

  • Webデザイナー転職コース:528,000円 → 192,000円

ヒューマンアカデミー

  • Webデザイナー総合コース:766,899円 → 278,872円

Winスクール

  • Web&UI/UXデザイナー養成講座:404,800円 → 147,200円

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)

  • Webデザインコース 8週間:268,400円 → 97,600円
  • Webデザインコース 16週間:378,400円 → 137,600円
  • Webデザインコース 24週間:488,400円 → 177,600円
  • Webデザインコース 32週間:598,400円 → 217,600円